ヌメ革通販トップ > ヌメ革 日光浴

ヌメ革の日光浴について

ヌメ革の日光浴について。
最近、お客様より、ヌメ革の日光浴についてのご質問を良く頂戴いたしますので、 これを機に「分かりやすいヌメ革の日光浴について」というコラムを作ってみました。

日光浴は、オイルヌメの革には「最重要・必要不可欠」なことです。
「赤ちゃんが生まれたときに産湯につけるようなこと」とご理解下さい。

日光浴をすることにより、革が強くなります。
強くなるという表現が一番分かりやすいと思いますので、 ここではこのような表現を使います。

日光浴とは陽の光により革表面の温度が上がり、 革の含むオイルを"ぐっと"表面に浮き上がらせ、 結果、ヌメ革の表面がオイルコーティングされます。

ヌメ革 日光浴6日目

#この写真は「日光浴6日目の例」

その効果とは
(1)汚れがつきにくい
(2)小キズ、擦り傷がつきにくい
(3)引き締まってガチっとした感じになる
(4)数年経過の後のエイジングに差が出る
以上のようなことがあります。

日光浴に進め方
(1)殆どすべての商品には裏、表がありますので、 窓ガラス越し(家の中側)に、ヌメ革のアイテムを置き、 表側を3日程度(天気が良い日)、裏側をまた3日程度焼きます。

このことにより、革の表面の温度が上がり、
(特にミネルヴァの革は多くの油分(鞣しの工程の中にオイルの中に浸す)を含んでいるため) オイルが表面に呼び出されコーティングされます。

このことにより上に書いたような効果が生れます。

ヌメ革 日光浴10日目

#この写真は「日光浴10日目の例」

家の外では駄目ですか?
のご質問を頂戴しますが、
タンニン(渋)鞣しを行うために、革に甘い香りが残り、
鳥が来てつついたり、糞をしたりすることがあるために中干しをお勧めしています。

この行程が終われば、あとはただひたすら使うだけ、一切の手入れは不要です。
(特別なことが無い限り)
下は、アゴのオーナーでございます私が、使用を始めて22日目のヌメ革3連折財布です。

店主のヌメ革アイテム

どうでしょう??
とても良い感じになっています!(親バカでしょうか?笑)
育てることは楽しみなことです。

お客様に一点、お願いがございます。
もし、AGOの商品に不具合が生じた場合には、自己判断をなさらずに、 アゴまでご連絡を頂戴できればと存じます。経験豊富な当店スタッフが、ベストな対処法をご提示させていただきます。

こだわりぬいたヌメ革通販 ヌメ革の日光浴について

▲こだわりぬいたヌメ革通販 ヌメ革の日光浴についての先頭へ

こだわりのヌメ革アイテム通販トップ

購入ガイド

送料

お届け日程

お支払い方法

メール

メールが届かないお客様へ

店舗情報

AGOの名前の由来

よくあるご質問とご回答

ラッピングについて

個人情報について

特定商取引

安心の暗号化通信

ショッピングカート

アゴモノガタリの6つのこだわり

アゴモノガタリのヌメ革商品

レダーメイクスのヌメ革商品